0

[記事紹介]遠くを眺めると目が休まる【疲れない暮らしのコツ】

本来ならば近くを見るときというのは安心してリラックスしているときで、副交感神経が優位にならなくてはいけないのですが、現代の生活ではその逆に。 近くを見るときは、事務仕事やパソコン作業といった、緊張して交感神経が優位にならざるえないときがほとんど。つまり、正反対の働きをしいられることで脳がパニックを起こし、自律神経のバランスが崩れ、余計に目が疲れてしまうのです。 根本的に交感神経と副交感神経はどちらか片方ではなく、シーソーのように交互に均等に働くと疲れにくくなります。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c6f33dd652fdc91e6f7ed94e04d7518f77bf074

以下は日々の健康管理や研究・カウンセリングに便利な自律神経測定器のご紹介です。
いつでも、どこでも、気になったときに自律神経バランスをチェック!

ご紹介するのは人気のHRV2018シリーズです。

・HRV2018S
 HRV2018Sは本体だけで手軽に測定が可能!
 手ごろな価格で販売中です♪
 お求めはこちらから。 

HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器
HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器

・HRV2018基本セット
 HRV2018S(本体)とパソコン用ソフトがセットになったモデルです。
 大学などの研究分野で多く利用されています。
 測定結果をパソコン画面で確認したり、測定履歴を保存する機能があります。
 販売サイトはこちら
 
・HRV2018PR(プリンタセット)
 HRV2018基本セットにレポート印刷機能が追加されたモデルです。
 手軽に利用できるように専用プリンタも付属しています。
 カウンセリングなどで多くご活用いただいております。
 お買い求めはこちら 
自律神経測定器HRV2018プリンタセット

自律神経測定器HRV2018プリンタセット


自律神経測定専門ショップはこちらです。