0

[記事紹介]「良くない呼吸」で体が緊張状態? 自分の「呼吸」をセルフチェック【アスレティックトレーナーが解説】

「良くない呼吸」で体が緊張状態? 自分の「呼吸」をセルフチェック【アスレティックトレーナーが解説】

拡大する(全2枚)
■「良くない呼吸」で体が緊張状態に? 繰り返される呼吸の影響
特に呼吸を支える主な筋肉である横隔膜は上下に動くことで呼吸をコントロールしますが、緊張やストレスなどによって横隔膜がしっかり下がらなくなると、息を十分に吐けなくなったりします。息を十分に吐けない呼吸では、どうしても息を吸う時間が長くなってしまい、自律神経の一つである交感神経が優位に働いて体がさらに「緊張状態」となってしまいます。
自律神経は交感神経(アクセル)と副交感神経(ブレーキ)によって制御されていますが、常にアクセルをオンにした状態は、刺激に対して過敏に反応するため、痛みを感じやすくなります。毎回呼吸をすることによって「痛みを感じやすい」体に近づいているとしたら……見直すものはまず呼吸ということになります。
https://www.excite.co.jp/news/article/Allabout_489704/

以下は日々の健康管理や研究・カウンセリングに便利な自律神経測定器のご紹介です。
いつでも、どこでも、気になったときに自律神経バランスをチェック!

ご紹介するのは人気のHRV2018シリーズです。

・HRV2018S
 HRV2018Sは本体だけで手軽に測定が可能!
 手ごろな価格で販売中です♪
 お求めはこちらから。 

HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器
HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器

・HRV2018基本セット
 HRV2018S(本体)とパソコン用ソフトがセットになったモデルです。
 大学などの研究分野で多く利用されています。
 測定結果をパソコン画面で確認したり、測定履歴を保存する機能があります。
 販売サイトはこちら
 
・HRV2018PR(プリンタセット)
 HRV2018基本セットにレポート印刷機能が追加されたモデルです。
 手軽に利用できるように専用プリンタも付属しています。
 カウンセリングなどで多くご活用いただいております。
 お買い求めはこちら 
自律神経測定器HRV2018プリンタセット

自律神経測定器HRV2018プリンタセット


自律神経測定専門ショップはこちらです。