0

[記事紹介]脳神経細胞は50代で20代の約7割に…「ポジティブ・シンキング」で悪玉ストレスを減らす

 脳の働きは40歳くらいをピークに、あとは下り坂で衰えていく。脳の動脈硬化が進んで血流が悪くなってくるのも、脳の神経細胞の減少が目立ってくるのもこの頃から。神経細胞は、放置していれば50代くらいまでに20代の約7割、80代には半分くらいまでに減ってしまう。

「運動と並んで、私が認知症撃退対策で重視しているのは『ストレスとのつきあい方』です。ストレスは脳の血流を悪くするばかりでなく、自律神経系や内分泌系など、心身のさまざまな面で脳の機能低下にダイレクトに影響します。ただし、ストレスには体に悪い『悪玉ストレス』と、ほどよい緊張や刺激で心身に好影響をもたらす『善玉ストレス』があることを知っておいてもらいたいと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/390c0bd2a6d1dbdb8bd5b94f9c40213c02a69a79


以下は日々の健康管理や研究・カウンセリングに便利な自律神経測定器のご紹介です。
いつでも、どこでも、気になったときに自律神経バランスをチェック!

ご紹介するのは人気のHRV2018シリーズです。

・HRV2018S
 HRV2018Sは本体だけで手軽に測定が可能!
 手ごろな価格で販売中です♪
 お求めはこちらから。 

HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器
HRV2018 ポータブル自律神経バランス測定器

・HRV2018基本セット
 HRV2018S(本体)とパソコン用ソフトがセットになったモデルです。
 大学などの研究分野で多く利用されています。
 測定結果をパソコン画面で確認したり、測定履歴を保存する機能があります。
 販売サイトはこちら
 
・HRV2018PR(プリンタセット)
 HRV2018基本セットにレポート印刷機能が追加されたモデルです。
 手軽に利用できるように専用プリンタも付属しています。
 カウンセリングなどで多くご活用いただいております。
 お買い求めはこちら 
自律神経測定器HRV2018プリンタセット

自律神経測定器HRV2018プリンタセット


自律神経測定専門ショップはこちらです。